マニフェスト

人には2つのタイプがあります。自分に物語を語ることを楽しむ人と、単に自分を偽る人です。前者は、たとえ潮流に逆らっていても、世間の同意がなくても、自分のすることに心から喜びを感じ、目的地に関係なく自由に旅をしています。この種の人たちは旅をして物語を語ります。そして物事を息するように吸い込み吐きだす。
他の人たちはそうではありません。

自分自身に対する最悪の反抗に巻き込まれたことがあるなら、それはある朝目を覚まし、鏡に映った自分を見て、見つめ返す鏡の中の自分に「君は一体誰なんだ?」と尋ねるようなものだと理解してください。”.

自分に物語を語るのを楽しむ人は、自分自身が分からなくなることに耐えられません。人格の整形などもってのほかです。そういった人たちは変化を恐れず、安らぎは単に気分を悪くさせるものでしかありません。もし悪魔と取引するとしたら、永遠の若さを求めるかわりに、むしろ色濃く成熟した強烈な老いを求めることでしょう。まるで「ドリアン・グレイの肖像」を正反対にしたように。

落ち着きがなくて、嵐は怖くても、嵐なしでは生きられない人たち、幸せなときに決して恋に落ちない人たち、自分の弱さを感じたときに、心臓の鼓動を喉や胃や脳で感じる人たちです。悩むことなく創造されるものはありません。どうみても平和的で穏やかな人間は、家の中で最も無意味な部屋かもしれない殺風景なリビングルームに置かれた人生という名のコンソールテーブルの上の小物のようなものです。
私たちは、不眠症に襲われたときに安眠を求めて、どれだけの眠れない夜を過ごしたことでしょう!
落ち着きのない人は、最高の夢は目を開けたまま見るものだと知っています。彼らは不安を抱えた子どものように未来に目を向け、役に立たないベッドから出て、夜明け前の3杯目のコーヒーを飲むまで起きているための正しいアイデアを待っているのです。
他の人たちはそうではありません。

私たちは弱いですが、その弱さは見せかけの強さに対するマニフェストなのです。私たちは征服者ではなく征服された者たちに開かれた扉です。私たちは避難所であり、鍛冶場であり、実験室であり、倉庫です。私たちが弱いのは最も眩しい光、美という光です。美には民主主義は存在しません。オスカー・ワイルドに言わせれば、美は「神のような主権を持つ」のです。自分に物語を語るのを楽しむ人は、まるで疑問符のない文章が不完全であるかのように、自らの人生を問いかけで埋め尽くします。ためらいがちな旅人は、十字路の前ではいつも二度考え、知らず知らずのうちに冒険と用心に折り合いをつけているのです。よく整備された十字路は、記憶の魔法を捕らえるのに最適です。
私たちは、通り過ぎたすべての十字路、特にありきたりで薄暗い十字路を覚えていますが、それらは最も危険に感じられることが多いものです。
他の人たちはそうではありません。

だからこそ、世の中には「自分に物語を語る人」と「自分を偽る人」の2つのタイプの人が存在するのです。
前者は、ほとんど眠らずとも多くの夢を見ながら、非現実的であっても魅力的な生活を送り、座りながらにして旅をします。一歩も動かずとも、オーブンから出す前の食べ物を食べることができ、水を撒いたばかりの庭が乾いているような未来の投影の中に生きています。私たちは、外見を整える前に、思考を整える存在です。一人でも、人々に囲まれていても、嬉しくても悲しくても、自分が築き上げたものすべてが、多くの努力を要したことを私たちは知っています。そして、努力は決して成功を保証するものではなく、むしろ救済策であることも知っています。偏見に、近似に、そして比較されるのを避けるために自分を閉ざしてしまう人の弱い力に対して。

エレガンスは心から始まります。多様性という祭壇の上で繰り広げられる世俗的な平和のセレモニー。そこからある声が発せられます。「違いがあるからというだけで、違いを打ち消してはいけない。私たちが違っていないなんて誰が言った?」

私たちは完璧には程遠く、目指すことができるのは、ゆっくりと距離を縮めていくことです。私たちが変化を受け入れるのは、それが終わりのない拷問のようなものだとしても美しいからであり、変化に抵抗するのは単なる拷問だと知っているからです。
他の人たちはそうではありません。

Giglio.com 0 0
Early Summer Sale:7折优惠40,539.24 ¥を超えるご注文の場合は関税込み、送料無料となります